白井田七の更年期の冷えへの効果

白井田七,更年期,効果,冷え

 

更年期は 手足の冷えを訴える女性も増えます。

 

これは更年期特有の自律神経の乱れだけでなく、女性にありがちな巡りのトラブルが年齢を重ねて悪化していることも影響しています。

 

白井田七は このような更年期世代の女性の冷えにも効果が実感しやすいことでも口コミで話題になっています。

 

 

では なぜ白井田七が冷えにも効果的なのでしょうか。

 

白井田七に含まれるサポニンは、その語源が汚れを洗い流す石けんの意味合いから来ています。

 

その語源の通り、サポニンには血管内の壁などにへばりついたコレステロールを押し流す働きがあることで知られています。

 

ですので 血液をサラサラにして 巡りをよくしてくれる効果が期待できるのです。

 

 

更年期は 女性ホルモンの急激な減少の影響で 血中のコレステロール値が上がりやすくなります。

 

ですので、コレステロールがより集まりやすくなるのですね。

 

白井田七は 高麗人参に比べてサポニン量が約7倍含む田七人参が原料。

 

冷えや体のめぐり対策に 効果が実感しやすいと口コミで評判なのも納得、なのです。

 

 

病気でもないのに ゾクゾクするような寒さが続くことが増えてしまって。

 

高麗人参は血行対策にいいと聞いいて、せっかくなのでパワフルという白井田七を試してみました。

 

飲んでいるとポカポカしてきて すごく調子がいいです。続けたいですね。

 

 

昔から冷え性でしたが、ここ数年は夏場も手足が冷たくて人に驚かれるほど。

 

更年期対策にということで白井田七を飲み始めたら 冷えへの効果がすぐに実感できました。

 

同じく冷え性の娘にもすすめています。

 

 

更年期は軽い運動もおすすめ

 

白井田七,更年期,効果,冷え

 

更年期の冷え性対策には、白井田七とあわせて 軽い運動習慣を持つこともおすすめです。

 

これは運動により血流促進効果が期待できるためです。

 

とは言っても 負荷が高すぎたりすると続けにくくなりますので 軽いもので気軽に続けられる運動が好ましいのです。

 

負担にならなければ軽く走るのがおすすめですが、軽くウォーキングするという程度でも大丈夫です。

 

運動は血流対策だけでなく、骨を刺激して閉経後になりやすい骨粗しょう症対策にもなりますので 是非今のうちから運動する習慣を持つことをおすすめします。