白井田七で更年期のうつ気分対策

白井田七,更年期,ウツ気分

 

更年期世代になり、やたらとマイナス思考になってきた、人と会うのが面倒になってしまったり、そうかと思ったらイライラ感が続いたり、となってしまうことがあります。

 

こういったウツ気分で 更年期なのでは?と気づく方も多いほど、この時期特有の症状とも言えます。

 

このような感情の変化は 実は更年期の女性ホルモンが急激に減少することが原因。

 

それにより自律神経が乱れ、感情をコントロールするのが難しくなるのです。

 

ここのところ やたらとクヨクヨする、ちょっとしたことが気になって仕方がなくなってきた、という方は この自律神経の乱れを疑ってよいでしょう。

 

自律神経は交感神経と副交感神経との二つがあり、それぞれが活発になるため、逆に落ち着かせるための別々の働きをしています。

 

この働きがアンバランスになると 憂うつ感がつきまとったりしやすくなるのです。

 

白井田七に含まれるサポニンには 乱れてしまった自律神経をサポートする働きがあります。

 

特に、この交感神経と副交感神経のバランスを整える作用があると言われています。

 

ですので飲み続けることで 感情サポート効果が期待できるのです。

 

 

最近主人や子供に当たることが多くなり、家族と口をきかない日も出てきてしまって。

 

どうにしないとなーってことで始めたのが白井田七ですが、気が付けば穏やかな毎日を過ごせています。

 

今まで何のことなくこなしてきた仕事が ここ最近はプレッシャーに感じるようになり、落ち込むことが多くなってきました。

 

同僚から白井田七をすすめられて、戸惑いながらも試してみたら また仕事が楽しくなってきています。

 

*個人の感想です。

 

 

更年期のうつ気分は早めに対策を!

 

白井田七,更年期,ウツ気分

 

更年期には 自律神経の乱れで感情のコントロールが難しくなりますが、仕方がない、ということで放置してしまうと 日常生活に支障が出るだけでなく、長年の人間関係などにも亀裂が入るなど 取返しのつかない事態に陥りがちです。

 

憂うつ感が続くあまり 仕事がおろそかになり信用を失ったり、逆にイライラ感が止まらず家族や同僚と決裂してしまうなど、更年期にはよく見られる現象でもあります。

 

また、更年期は 子供の進学や就職、親の介護などで 負担が増える時期でもあります。

 

かかえきれないほどのことを 自分一人でやり遂げようとするのではなく、周囲の助けを借りながらこなしてゆくようにしましょう。

 

そういう時期だから、と自分の中で割り切ってしまことも大事です。

 

いままで頑張り屋さんで来た人ほど この時期に無理をすることでどこかで爆発!ということになりがち。

 

まずは白井田七を活用すること、そして合間合間に上手に休む時間を取って上手に乗り越えましょう。